【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪
【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪
brushup/20220506145316-02537-u-17314-chE
20,483円 51,208円

Black titanium ring handmade 7mm wide comfort fit customizable ring by Alai

Black titanium ring handmade 7mm wide comfort fit customizable ring by Alain Raphael ? MADE IN CANADA
ブランド : Alain Raphael
商品サイズ
高さ :
横幅 :
奥行 :
重量 :
商品紹介
タグ

【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪

【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪

 


  36名の新人たちを新たに迎え、本格的にシーズンをスタートさせたラグビー蹴球部。
のファーストゲームには、多くの人が詰掛け、上井草は近年稀に見る熱に包まれた。


 「先手必勝、数で勝つ、掲げたふたつは全然ダメ。まぁ、最初からそれができたら、今までワセダはもっと強かったんだけどさ…」。部の歴史にはしっかりと刻まれる対関東95-0。そのスタートに見えたものとは。課題と確信。『後藤ワセダ』の進む道―


 

【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪

編集・疋田拡

【2022春夏新色】 titanium Black ring by ring customizable fit comfort wide 7mm handmade 指輪

―初陣を終えて、反響などはありましたでしょうか。当日はOBの方も含め、上井草はものすごい人出でした



 特別反響はなかったかな。ギャラリーは、、、どうなんだろう。ジュニア選手権の早慶戦、早明戦もあのくらいのイメージじゃない? 俺のなかでは想定内だったけど




―ファーストゲームを迎えるにあたって、後藤さん自身の心境はどんなものだったのでしょうか



ヴァンガード ケテルサンクチュアリ マジェスティ・ロードブラスター デッキ



―緊張などはあったのでしょうか。監督となると、コーチのときとはまったく違ったりとか



 あんまりない(笑)。ないというか、前にも話したように、コーチをしていた中竹と辻の1年目のファーストゲームの方がよっぽどプレッシャーを感じてたね

 




―試合に臨む学生たちはどう映っていたのでしょう



 ある程度俺からけしかけた部分があったからね、昨年負けたということを。お前たちこのままでいいのかって。そういう部分もあったし、やっぱり初戦ということで、それなりにいい緊張感というか、ピリピリした感じはあったよ



―学生たちは、試合前もハーフタイムも、「カントー、カントー」口にし続けてましたが、後藤さん自身にそういった意識は




 なかった(笑)。まぁ、あるとすれば、ここで口にするか迷うけれど…、春口さん(ラグビー部長)のことは少し意識してたかな




―大学4年のとき、ワセダと関東学院が公式戦で初対決(大学選手権を賭けた交流戦・42-12)、そして清宮監督時代の激闘。やはり、後藤さんにとって特別な存在だと




 これも最初の回で話したけど、やっぱり春口さんは最後に勝ちきるための執念みたいなものを持っている人だから。俺自身に本当にそれがあるのか、実際そこに到達してみないと分からないと言ったものを。それ以前に、定められた時間のなかでどうチームを持っていくか、どういう風に仕上げていくかのノウハウを持っている。それにプラスして、執念を持っていたからこそ、あれだけ強いチームを作れて、結果も残してきた。現有戦力のなかでやれることをやりきってくる人だからね

 



―関東戦に向けて、準備らしい準備はしていない感じでしょうか




 まぁ、関東も初戦ということで、やれることは限られてくるだろうから、昨シーズンの戦い方で来るだろうと想定して、最低限抑えなくてはいけないことは提示した。だからといって、特別なプレーを準備したとか、ディフェンスの仕方を工夫したとかはなくて、試合に臨む前に選手全員が持っていなくてはならない相手のイメージ像は与えて、それに対してはこう注意しようという指示を与えた程度です




―けしかけた部分もあったということでしたが、いざ試合に出ていく直前にはどんなメッセージを




 恐らく今年の夏合宿は関東と対戦できないだろうから、この先関東とやれるかどうか分からないぞと。じゃあ4年生はここで負けるようなことがあったら、負けっぱなしで終わってしまうよって



かりち様♡ご確認用ページ



 まぁだから、練習で力を入れてやってきたセットプレー、特にスクラムの部分が、あのレベルで満足してはいけないんだろうけど、間違いなくいい形でパフォーマンスができた。これがよかったことの一点。


ヴァンガード エイゼル セット


 少し力の差はあったとはいえ、それらを試合でできたということが、あの点差(95-0)に繋がったと思います。そこの部分は、満足してますね

 


 



―スクラムはかなり変われてきているのではないでしょうか。低さを感じましたが



呉竹 キュア パンチ スモール パピー SBKPS500-21



―関東学院の桜井監督が「ワセダ大きいね」と言われたとか



 まぁ、ただ大きいだけじゃなくて、中身の詰まったデカさね(笑)。なおかつ、自重、体幹、下半身の強化によって、そういった低さが保てるだけの筋力がついた。そこの部分が一番なんじゃないかなと。もっと専門的なスクラムのテクニック、もっと本当に強い相手と組んだときに、じゃあどうなのかというのは、練習を見ている限りではまだまだ分からないからさ




―先手必勝、数で勝つ。今シーズン掲げたテーマから見るファーストゲームの評価は。まず先手必勝、入りの部分は喰い込まれているように見えました




 クソだね、全然ダメ(笑)。相手がやってくるであろうイメージのままファーストプレーでやられていたからね。まったくダメ



【新品未使用】COACH ボディバッグ レキシー マイケル・B・ジョーダンコラボ




 まぁ、ここ2年と違ってアップにコーチを入れて、担当した堺(ジュニア担当コーチ)には、ゲームのイメージとリンクするようなメニューを与えて、集中して入っていけるように頼むというリクエストは出したんだけど。そのくらいかな

 




―かつてのようにアップをコーチが担当する形に戻したのは、後藤さんの拘りでしょうか。そこに込めた想い


 俺自身が過去アップを担当していたときの持っていき方のイメージがあって、今言ったような感じでやっていたから、それに近い形にしてもらいたいなと



―もう一方の数で勝つに関しては。どんどん湧き出てくるイメージは…



 これも全然ダメだな…(笑)




―どういった点でそう感じたのでしょうか。ディフェンスセット、アタック…



 ディフェンスに関しては、まぁ早い段階で前で仕留めていたからボロはでなかったけれども、アタックの方はフェーズが重なるにつれ足が止まってしまったりだとか、動き出しが悪くて順目にセットにできなくなったりだとか、そういうところだね





―2大テーマから振り返ると、まだまだだと



 そうね。まぁ、最初からそれができてたら、今までワセダはもっと強かったよ




ネイバーフッドneighborhoodコンバースconverseスウェットパンツ




 それは周りから見てどう感じたかを逆に聞いてみたいかな



―皆堂々とプレーしているようには見えました



 若干ね、ちょっと停滞したときとかにSHが逡巡した場面はあったけれど、そこは練習でやっていないから仕方ない部分ではあったし、概ねよかったんじゃないかなと




encel 1人用 ローソファ




 基本的には、しっかりセットして、ノミネートして、前に出るという部分の精度が高かった。関東のアタックに対して、精度高く遂行し続けた。そこだと思いますね
 

 




―ディフェンスの練習にさほど時間を割いていないようにも感じていたのですが



★売り切れ★もこもこシュシュ★




―よく口にされるトライの取り方については、満足できたのでしょうか




 だからそういった意味で言うと、あれだけFWに力の差があって、ターンオーバーをボンボコボンボコしたら、ああいう形で取れるトライは当たり前というのがほとんどだった。じゃあ、本当にもっと拮抗した相手でも、これだったら文句なしで取れたなというトライは、実はあまりなかった気がするから…。まだ何とも言えないかな


―キックオフがすーっと引き続く課題に感じますが、なぜなんでしょう。先日も安定しませんでした



 それはもうセンスがないから(笑)。最近の奴らは野球をやってないからじゃない?
 

 





―外野フライをうまく取れるか、というやつですか



 そこはキャッチングセンスを養っていくことは当然継続してやっていくけれど、こぼれたボールをしっかりマイボールに確保するという部分を拘ってやっていきたい



―もうひとつ課題と言われていたラインアウトに関しては




 Aに関しては、伊藤が後ろに放ったボールが若干逸れていたけど、前日の内ゲバで上から下まで見てると、比較的安定してきてるかなと。そういう感覚は持ってます




―そこは森島コーチに任せている部分でしょうか




 スローイングの部分はもちろん森島に任せて、ラインアウト全体のコーディネートは星野に任せてる。俺から言っているのは、リフトを手抜くなとか、ジムとの連携でリフト自体の筋力アップだとか、ジャンプスピード、モーション起こしてから飛び上がるスピードかな


 



上品☆洗練【エルメス】ユニ☆エナメルブレスレット/Rゴールド



 んー、一概には言えないかなぁ。次のメイジを経てみたいと分からない




―ファーストゲームを踏まえてプランが変わったりということは



 それはないね



―ベーシックスキルは、よくなってきているイメージはあると先日口にされていましたが




 そこもどうなんだろう。上から下、周りから見て、昨年までのワセダの試合と、初戦ではあったけどどうなのか。感覚論では、つまらないミスであるとか、スコーンと抜かれたりとか、そういうシーンが減っているのではないかなと。具体的に数字を取って分析はしてないから正確なことは分からないけど




―上田竜太郎のキャプテンシーはどう映りましたか。人生で初めてキャプテンとして迎えた試合



 あまりその辺は興味持って見てなかったから…(笑)。まぁでも、声は出てきているし、どちらかというと、何だかんだで、周りがあいつのことを頼っているような存在になっているし、いいんじゃないかなって
 




―先ほどゲバのお話が出ましたが、上から下まで見て、チーム全体進んでいる方向性に思うところは



 これも何とも言えないんだけど…、BC、CD、DEとやってトライが一ケタ。これはディフェンスがいいのか、トライ欠乏症なのか…。ここも来週GWが明けて、対外試合をやってみないと正当な評価はできないね。ただ、ディフェンスのレベルと意識が上がっているのは間違いない。正しい方向に進めているのかは、メイジ戦次第




―GWはゆっくり時間を取れる春シーズン最後の期間になりますが、こう過ごしたいというものはありますか



 ここはもう4月にやってきたことのブラッシュアップだね



―1年生試合もありましたが、先日口にされていた「遠くを見て~」そのままの内容…



 見ての通りです。関東学院もリクルートに関しては、苦しい状況であるとは思うし、ワセダもね…




―宿命というべきか、トップレベルを経験しているのは、ごくごく一部の選手に限られてきます。まずは一定のレベルに引き上げるところからのスタート




 だから表現の仕方としては…、俺からすると、まだ人間にもなれていないんですよ、彼らは(笑)。早く人間になって欲しい。水準を上げて、勝負できるようになるところまで鍛えあげる。まずはそこから。しっかりやっていきます
 




―新人練習、入部するにあたり、彼らに一番伝えたかったことは



 これはもう入部式で言ったとおり。努力し続けて欲しい。そして、絶対に諦めないで欲しい。それができなくなったら、もういなくなって構わない、頼むから辞めてくれと


 

―完敗のなか見えた新人練習での成果、成長の跡はどんなところでしょう




 そこもやっぱりディフェンスなんだよね。特別足の速い奴もいなければ、強い奴もいない。どうやって勝ちを、拾うという言葉でいいんだろうけど…(笑)、考えると、やっぱりディフェンスでしっかり前に出て止めて、相手のミスに乗じる。それしかない。前半の前半ハマりかけたのは、練習の成果、成長の跡だとは思います




―監督になられてから「ワセダラグビーとは」の価値観に変化などあったりするのでしょうか




 そこはないかな。むしろ、監督になることによって、監督から発する言葉であるとか、方針であるとか、大きくは変わってない自信はあるんだけど、それがその世代のワセダの色に濃く出てくる、影響を与えてしまうというのは感じますね。そこは本当に責任を持って、監督としての発言、監督としての態度には気をつけなくてはいけないなと痛感してます





―話が少し変わり…、先週からラグビースクールが開校しました。その理念、大切にしていることをお教えください



KENZO バックロゴ ポロシャツ
 


―ラグビーを教えるにあたり、心に置いていることは。若年層ではよくenjoyという言葉を耳にしますが



 ワセダクラブにも分厚いマニュアルがあって、ある程度体系化されているんだけど、じゃあいい人間を育てるためにどういうアプローチをするのかという部分で、もちろん楽しくなくてはいけない。子供は親の意思で強制的に来させられているから、まずは子供たち自身が本気で日曜日になったら上井草に来たいと思えるような形にもっていきたい。


 そのためには、子供たちが腹の底から楽しいと思えること。そして当然、ワセダと名のつくスクールなので、技術的にラグビーがうまくなる。さらに3つ目が、人間的な成長という部分で、困難なことにチャレンジさせる。例えば、体をぶつけるということは、すごく怖いことなんだけど、そこを超えさせてあげる。


 あとは、基本的に実力均等なチーム分けをして、能力の高い子は少し劣る子の分もがんばるだとか、全員で力を合わせることで精神的な成長を促す。そんなところです




【LOEWE】★新作★Paula's Ibiza シリンダーポケット




 今は現役学生について言えば、希望者のみ、自分の練習に負担のない範囲で、手伝うカテゴリーは指定して手伝ってもらっています。来れるときに来てもらうスタイル。これからは、せっかく俺が監督になったからには、例えばAチームが土曜日試合のときがあれば、翌日アクティブレスト代わりに全員来てもらうとか、そういった取り組みをしていきたいなと
 

 




―アカデミーも設けて、ワセダクラブから高校、大学のラグビー界にかなりの人材を輩出するようになってきていますが、若年層の強化・育成に思うところは…と問われたら



 一刻も早く、こういったことを協会主導で取り組んで欲しいと思ってます。幅広くやろうとしても、今はもう能力の高い子供はあまりラグビーをやっていないから、エリートたちをピンポイントで育成していく形でいい。高校の勢力図を見れば、ひとまず福岡と大阪と首都圏の三地域だけでもいいから明日からこれをやれと協会が提示する。ジュニアジャパンより先に、そんなことができたらいいだろうなと




FENDI フェンディ FF スニーカー スリッポン ロゴ ブラック




 まぁ、色々な子供たちがいるけれど、目指しているところはそうですね。学校とかでは体験できないようなトレーニングや練習はさせられているかなと




―最後に、大事になってくると言われた次のメイジ戦に向けて。こんなゲームにするという想いを




 基本的にメイジはFW、特にスクラムなので、その部分で押し勝つことかな。上から下までそういう風に持っていきます



<ワセダクラブ事務所にて 入部式、ファーストゲームを終えて>


後藤禎和 『緊張・継承・創造 Vol.1』
http://www.wasedaclub.com/blog_detail/&blog_id=33&id=861


WURFC2012 『Independence day Vol.1』 上田竜太郎
http://www.wasedaclub.com/blog_detail/blog_id=34&id=866


Chloe Embroidered wool cape
Marshall Lead12 Xシリアル